腐朽・カビの問題点

腐朽・カビの問題点

湿気から大切な住まいを守る

木材にとって湿気は大敵です。木が腐るのは木材腐朽菌によるもので、菌が木材に寄生することで養分が奪われた状態がそれにあたります。住まいの骨組みが木材腐朽菌に侵されると、屋根や壁を支えることができなくなり、住まいの寿命が短かくなってしまう可能性があります。

また、シロアリなどの害虫も湿気を大変好みます。大切な住まいを長持ちさせるためには、床下の湿気対策が非常に重要となります。

木材腐朽菌とカビから床下を守るためには「床下の水分」をコントロールすることが1番重要です

 

木材腐朽菌

木材腐朽菌は、木材を分解する酵素類(セルラーゼ、ラッカーゼ、ペルオキシダーゼ)を分泌して、木材の組織構造を破壊します。これを、一般的に腐朽と呼びます。

その結果、木材に形態的損傷と激しい強度劣化が生じます。腐朽はシロアリによる食害と並んで、木材利用上最も注意を要する激しい劣化要因です。

木材腐朽菌の種類

木材腐朽菌が生育しやすい条件

 

カビ

湿気=カビと誰もが連想するように、恐らく1番目にする機会が多い湿気の被害がカビです。特に梅雨の時期はカビが発生しやすく、臭いの原因にもなりかねません。カビが繁殖するとアレリギーや喘息の原因となり、人体にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

カビ

 

腐朽・カビ被害の拡大を防ぐための床下調査

腐朽菌やカビの温床となりやすい床下の状況は、お客様自信での確認が難しいことが問題とされています。三井化学アグロでは専門家による床下調査をおすすめしています。床下での腐朽菌やカビの発生がご心配な方は、下記のフォームからご依頼下さい。

床下調査・見積りのご依頼はこちら

 
床下腐朽・カビ対策
  • 腐朽・カビの問題点
  • ニューパワー備長竹炭敷設施工
  • 床下換気扇設置施工
  • 専門家による床下調査・見積依頼 |現状調査からアドバイスまで専門家による調査・見積を実施中!
  • あなたの街のサービスセンター | お近くのサービスセンターはこちらから
  • セルフチェック
    • 床がきしむところがある
    • 庭の杭や柵が痛んでしまった
    • 敷地で羽アリを見たことがある
    • 最近、家の立て付けが悪くなった
    • 柱をたたくと空洞音がする
    • 近所でシロアリ施工を実施した
    戻る
  • 三井化学アグロを体験されたお客様からの声
  • 住宅会社・工務店の皆様へ

TOPへ戻る