シロアリの恐ろしさ

シロアリの恐ろしさ

地震による住宅被害とシロアリの関係性

建物の倒壊

1995年1月17日の早朝、マグニチュード7.3の地震によって約6,000人もの命が奪われ、約20万戸の建築物が全半壊した阪神・淡路大震災は、まだ私たちの記憶に新しく残っています。

兵庫県警の発表によると、この地震によってなくなられた方の80%以上が住宅の倒壊による圧死とされています。私たちの生活基盤である大切な住宅が、私たち自身の命を奪ってしまうという悲しい結果をもたらせました。

何故、こんなことが起こってしまうのか?多くの研究者や専門家の調査報告書によると、いくつかの要因の中に「シロアリ、腐朽などによる生物劣化」という項目が挙げられています。実際、倒壊した住宅の80%がシロアリ・腐朽による被害を受けていたと日本建築学会近畿支部編「兵庫県南部地震木造建築物の被害」が発表しています。その一方、シロアリ・腐朽による被害が認められなかった住宅では倒壊率が40%未満と発表されています。


 

シロアリが及ぼす被害

ヤマトシロアリ
ヤマトシロアリ

自分で水を運べないため、餌となる木材が常に湿っていることが必要です。そのため、被害は風呂場、台所、洗面所、トイレなどの水周りに多く発生しますが、雨漏りや結露によって水が補給されれば、それ以外の場所でも加害される危険があります。

シロアリによる食害
イエシロアリ

自分で水を運びながら加害するため、その被害は建物全体におよびます。地中などにつくった巣を中心として、100m以上の範囲で活動を行うこともあり、世界のシロアリの中で最も被害の激しいシロアリの1つと言われています。


 

木だけじゃない!あらゆるものを加害するシロアリ

シロアリが及ぼす被害は広範囲です。気付いた時は、被害がかなり進行しているケースが多いことが特徴です。シロアリは、木材・紙はもちろんのこと、プラスチック・鉛・コンクリート・ケーブルなども消化はしませんが加害します。また、最近では住宅の断熱材への被害事例も数多く報告されています。

シロアリは木材だけでなく、このような材質にも加害します。

 

シロアリ被害の拡大を防ぐための床下調査

住まいの最大の外敵といわれるシロアリは、一旦建物に侵入してしまうとその被害はどんどん拡大してしまいます。被害を最小限度にとどめるため、お客様自信のセルフチェックで日ごろからシロアリ発生を気にかけて頂くとともに、三井化学アグロでは専門家による床下調査もあわせておすすめしています。シロアリ発生がご心配な方は、下記のフォームからご依頼下さい。

シロアリ発生が気になる方はこちらでチェック

床下調査・見積のご依頼はこちら

 
シロアリによる被害
  • シロアリの侵入経路
  • シロアリの恐ろしさ
  • シロアリの生態
  • 地域ごとの分布
  • さまざまな住まいの害虫 (ゴキブリ・ネズミ・その他の害虫)
  • 専門家による床下調査・見積依頼 |現状調査からアドバイスまで専門家による調査・見積を実施中!
  • あなたの街のサービスセンター | お近くのサービスセンターはこちらから
  • セルフチェック
    • 床がきしむところがある
    • 庭の杭や柵が痛んでしまった
    • 敷地で羽アリを見たことがある
    • 最近、家の立て付けが悪くなった
    • 柱をたたくと空洞音がする
    • 近所でシロアリ施工を実施した
    戻る
  • 三井化学アグロを体験されたお客様からの声
  • 住宅会社・工務店の皆様へ

TOPへ戻る